手頃な価格のゲーミングPCを作ろう、ストレージ編!

HDDとSSD

ストレージのコンセプトはものすごくシンプルです。PCがデータを書いたり読んだりする場所となります。HDDとSSD、二つのストレージ種類があります。

HDDとSSD

HDDはデータを読み書きするスピードが二つあります、5400rpmと7200rpmです。ストレージ技術の進歩でHDDの値段も下がってきているので、スピードが早い7200 rpmをできれば買いましょう。

SSDはHDD見たく、商品によって読み書きのスピードに違いはほとんどありません。新しいストレージ技術なのでSSDはHDDと比べ、データの読み書きが物凄く早いです。

HDDは値段が安くて容量が大きいので、ゲームや音楽など大きなデータを保存しましょう。SSDは値段が高く容量が小さいので、OSなど瞬時に必要なデータを保存しましょう。  

アドバイス

PCのパフォーマンスを一番低コストで上げたい場合、OSをSSDに保存する事をオススメします。OSはパソコンが起動している間常に使用されているので、SSDでデータの読み書きをするスピードを上げると、PCのパフォーマンスが全体的に強化されます。

GPUやCPUを買い替えるより、安くPCのパフォーマンスを強化できるので、SSDをまだ購入していない方はオススメあします。

SSDのゆいつの欠点は、まだ新しい技術なので値段がHDDより高い事です。予算に余裕がある人は、HDDとSSD両方を購入しましょう。

Writer: enn_thomas